糖尿病

糖尿病

内科のこと

糖尿病は慢性的に血糖値が高くなる病気です。

糖尿病にはいくつかの型がありますが、そのほとんどは食生活や運動不足が原因となり、インスリンの働きが悪くなったり、インスリンの分泌そのものが減ったりする2型糖尿病です。
インスリンの働きが悪くなると糖がうまく使えなくなり、血管内に糖が余り、高血糖となります。

高血糖の状態が続くと全身の血管に障害がおこり、さまざまな病気を発症していきます。
症状としては喉が渇く、尿の回数が増える、体重が減る、疲れやすいなどがあります。
治療としては食事、運動、薬物療法を行います。

最近の食事は高カロリーであるため、糖尿病の患者数は増加傾向です。
定期的な健診は糖尿病の早期発見に役立ちますので、ぜひ、ご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました